RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【追悼】牧野エミさん
 
JUGEMテーマ:政治

 牧野エミさん(以下「エミさん」)のお通夜に行ってきました。車で30分。車内では始めてエミさんを観た時の事を思い出してました。

「MOTHER」という劇団がありました。2003年に解散しちゃいましたが。関西を代表する小劇場の劇団。エミさんはそこの看板女優として、関西小劇場なら知らない人はいない、という方でしたね。

 

ただ、僕が観ていた当時はお仕事の関係で、劇団にはチョイ役みたいな感じでしか出演されてなかったんだけど、今考えればその当時30後半〜アラフォーだったのに、とても「華を感じられる芝居」をされてたのを思い出します。(時がたってるから美化してるかもだけど)

 

「MOTHER」は本当に好きで、ファンクラブに入ろうかと思ってて、決心着いた時には解散という寒いパターンだったんですが(笑)「芝居って、小劇場っておもろいな〜」と鮮烈に印象付けられた劇団でした。

 

深夜の訪問で、ご親族の方と、「MOTHER」の看板役者だった升毅さんもいらっしゃいました。

 

お顔を間近で拝見させて頂きました。舞台よりもっと近い所で観れたのがこんな形になるとは・・・涙がでなかったけど、泣きそうになりました。

 

小劇場は世間が狭いから、有名な方でも知り合いの知り合い、というのは多くて、じつはエミさんとも共演できる機会はありましたが(僕はもちろんエキ ストラレベルですが)そのご縁はなく、まだまだ活躍できたと思うし、演劇力は必要とされてたと思うから、今回の訃報は「早すぎるでしょ」と強く思いまし た。

 

小劇場には、文句ばっかりだし、辞めてもおかしくない精神状態なのに、未だ片足突っ込んでるのは「演劇って、おもろい!」という感情が原点だからで、それが枯れてないからまだ関わってる訳です。

 

「芝居せんとアカンな〜」とお通夜帰りになんとなしに独り言をつぶやいてました。それがエミさんの供養になるとか、そういうのではないし、かといって義務化してるのではなくて「演劇はおもしろい。それを解ってくれる人がもっと増えればいい」と思ってるからで。

 

末妹が歌をやってて、まあ彼女のイベントに軽く関わった事もあるのですが「売れるかどうかはわからん。でも、末妹の歌ってる姿を見て、私も歌いた い、と思う人が一人でもいれば、100万枚歌が売れるより素晴らしい事。歌うことの素敵さを伝えれるようになってほしい」と伝えたことがあります。

 

「演劇の楽しさを知って欲しい」と強く僕は思うし、根源的な思想哲学なんですが「そこに自分の芝居は、という概念は一切ない」もっと広く、演劇界全体としてその思いが広がって欲しいと強く思ってます。

 

エミさんの訃報を聞いて、飛び出して、最後のお別れを言ったのですが、エミさんと袖触れ合う以下の縁でも、芝居を楽しくやってるし、楽しいと思うし、やっぱり続けてる人間がいる、それが伝わったらいいんですけど。

 

今年は、自分の芝居の原点となる事が二つあって、その両方から「うわ、俺、芝居しなアカンやん」と心が動きました(一つはイッセーさん、舞台活動無期限休止)

 

ただただ、続ける事、それも頻度は少ないけど、辞めないでいつ付ける事が僕のケジメであり、「ありがとう」を解って貰える事なんじゃないかな、と思います。

 

エミさん、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

author:きんぴら, category:表現者達, 05:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
行くの決めたけど、それ以上にショックだ・・・
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

 イッセーさんが、8月の原宿クエスト公演(26日楽日)で休眠だそうな・・・

え?マジっすか?

 意外と落ち込んでます(苦笑)まぁ、2時間を400人超える人の前でするんだもん・・・大変ですよ。たった3人の前でも一時間超えたら集中力切れる事多々あるもん。

イッセーさんお休みなさい。でもすぐ帰ってくるの解ってるんだけど(笑)

つー訳で、八月の公演に行きます。日帰りにすると思うけどね。
author:きんぴら, category:表現者達, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
#linxs 10年後のLINXSを考えてみる
JUGEMテーマ:演劇・舞台
  大阪、いや、関西かな?東京も巻き込んでるか。ちょっとした事件が起こっている。

LINXS」である。仕掛け人は石田1967(ナインティーンシックスティセブン)(ツイッターアカウント@LINXS1967)さん(以下石田さん)である。

 この人、ただの演劇ファンである。観劇オンリー。役者でもないし、芝居を観てただけの人。その人が手がけた一大演劇フェスティバル。それが「LINXS」である。

 これは、一つの舞台に、持ち時間30分で4〜5劇団位に芝居をしてもらう、観客には二度、いや4度も五度も美味しい、というもの。マ〇ドのバリューセットみたいなもの(違うか)

 私は、これをすごい企画だと思った。はっきりいって、この企画のおかげで、知らなかった劇団、面白い劇団がこんなにあるのか、と気付かされた。小劇場ファンにとっては、とてもありがたい企画なのである。

それどころじゃない。この企画は、はっきりいって、「関西小演劇界中興の企画」なのです。

 例として、大阪で旗揚げをする。大体5人くらいで演出、役者という劇団を。出演者にはそれぞれチケットノルマが課せられる。当然だ。お客さんがこないと始まらない。

 はじめる。旗揚げなので、大体チケットノルマさばける。150枚、としようか。まぁ、大丈夫。

で、第二回公演。前回150人来た。今度もそれくらいは見込めるだろう。

はじめる。ところが、全くチケットが売れない。100割る。

 三回公演。やっぱり100割る。劇団運営費が足りない。解散。

・・・だいたい、僕が全身つっこんでた時代はこんな流れでした。とにかく「200超え」がすごく難しい。旗揚げは、いわば「ご祝儀」として、友達も観に来てくれる。でも、二回目は難しい。芝居の内容が・・・という意味で。ここでズバーン!と伸びれば、後は500まで一直線なのですが、それが出来ない。

 だがしかし、しかしである。この「200超え」を、新人劇団でも出来るようになってる。「LINXS」に出演できると。なぜか。

 新人でも、劇団同士の「縦のつながり(先輩劇団)横のつながり(今まで名前は知ってても、というやつ)」が出来て、お互いが「観劇し合う」状態になる。

 これは画期的なシステム。芝居、小劇場は、どんなに低く見積もっても、35万はかかる。舞台における人件費(照明、音響、舞台監督特に)会場費、雑費、稽古場代、衣装などなど・・・

一枚2千として175枚チケットはさばかなければならない。元取るには。実際には150弱でいい。毎月の劇団員による「団費」があるから。当然、「純利益」は出ない。どうしても出ない。新人劇団で、3千は、ちょっとありえない。やっぱり2000弱が妥当。

この「150」という数字を、あっさり更新できるようになった。それが「LINXS事件」なのである(勝手に僕が命名)

こちらの記事」でディスった劇団が、思ったより早く復活公演を果たしていました。残念な事に、270強集めないと解散!と言ってましたけど、どうやら200オーバーはしたっぽい。だから被害(借金)が少なかったんだと思う。これも「LINXS」つながりのおかげと僕は考えている。

 石田さんという「針」が「LINXS」という「糸」で小劇場界を縫い合わせた、という事。これのおかげで、息を吹き返せた劇団、たくさんあると思う。もちろん、石田さんの「オメガネ」に叶った劇団だけだし、石田さんの好みでしか選んでないのも否定できないだろう。

 話ずれて、個人的に、もっとすごい、面白い劇団がまだ出てくれてないのは、劇団の方針やスケジュールの問題もあるのだろう。個人的に推薦したいところはある

 閑話休題

 本来なら、3年くらいで100万くらいの借金背負う(今はフリーターなら出来ないけどね。借金規制で。30万までかな?)ハメを回避でき、しかも「芝居を続けれる」!なんとすばらしい!なんて救世主、ジーザスクライスト!

 が、僕はここから、一歩想像を進める。

じゃあ、石田さん、「LINXS」がなくなったらどうなるんだ?と。

 想像するに忍びない。あっという間に崩壊する。消滅してからの新人劇団は特に。

 「LINXS」はすごい。石田さんはすごい。僕がどう見積もっても、この企画、

絶対黒字でてない

 石田さんのポケットマネーを、言っちゃ悪いが「ドブに捨ててる」のだ。

石田さんが楽しいから。石田さんがそうしたいから。なんて奇特な人なんだろう。マザーテレサと同等である。

 だからこそ、消失した時の事を考えると、僕は恐ろしい。そして、この徳の高い事をしてる石田さんをもっと評価すべきだと思う。もっと恩を感じるべきだと思う。

 今回はここ。これが重要。「もっと石田さんの恩義に報いて欲しい」

 どうすべきか、それは是非頭にとどめて、考えて欲しい。今まで、石田さんがいなくなった事、これだけ尽くしてくれてること、よく考えて欲しい。

ぶっちゃけ、LINXSの制作費を公開したら、すごく解ってもらえると思う。でも多分、そんな事してないだろうし、しないだろう。石田さんの趣味でやってる事なんだから。

 だから、だからね。出演した劇団さんは、もっと石田さんに報いる事をして欲しい。今までより面白い芝居をする、じゃない。そんなのは劇団を立ち上げて、参加してるなら当たり前の定義だ。責任だ。義務だ。そうじゃない、石田さんがせっかく繋いでくれた「LINXS」という糸を、これから、新しく演劇界に入ってくる新人達に、何年も、10年たっても恩恵受けれるように残すにはどうするか、それを頭の片隅にでも入れて欲しい。

 答えが出ないかも知れない。答えが出る前に、LINXSが消えてしまうかも知れない。でも考えて欲しい。

 ちなみに、僕は思いついてる事はある。でも僕はLINXSに関わってない部外者だ。僕が述べることではないと思う。(出演もちょっと。方向が違う気がするし、正直自分のレベルが・苦笑)

 そうする事が、石田さん、「LINXS」に報いる最大の功労だと、僕は思う。それが、これからの小劇場の歴史に繋がると思う。

 有名に、売れた今までの役者達、演出、劇団じゃない。石田さんのためにだ。前述の人達が、関西小劇場のために何かしてくれたか?みんな東京で喰えるようになって、見向きもしてくれないじゃないか。あんな薄情どもに頭を下げるべきではない。目指して、超えようと思うのはいいけど。

 今の小劇場会を支えてくれてるのは、20年以上やってえらそばって一つの劇場をつぶした人達じゃない。

石田さんだ。LINXSだ。

 だから、だから、もう少し考えて欲しい。大嫌いで、本当に関わりたくないし、二度と振り返りたくも戻りたくもない関西小劇場だけど、石田さんのような奇特な人がいて、彼が喜んでくれる小劇場界なら、僕も嬉しい。

 是非、小劇場の人は、考えて、考え続けて欲しい。
author:きんぴら, category:表現者達, 02:41
comments(1), trackbacks(0), pookmark
#笑の内閣 総裁さま。長くなったから記事にしました。
 >笑の内閣総裁さま

 アンサーありがとうございました。なるほど、僕自身も立場考え切れてない趣旨があったと思います。

 チケット代金については、覚悟を観客に問う、というのと、事前情報については、なるほどと思います。確かにそうですね。
 ここは僕個人の感情論になるんですけど、過去に批判アンケートして、答えが「お前も俺らと一緒の仲間内だけやろ」と「観にも来ないで批判しやがった先輩」がいたからこの点は激怒してるし、今でも根に持っている(ゆえに今回当日券で観にいったのは僕の反省も含めて)
「こっちは金払ってるし、大事な時間を割いてる。責任と義務を果たしてるのに、更に『褒めてね』と言うのはお門違いだろ。」と思うのが根底にあるから。「観に(チケット買いました)いきました、だから僕らのも観に(買って)きてね」という習慣はおかしいだろ、つか、何様?というのがずっとX100残ってるから。(ちなみに、その後一度だけ観にいったけど、開始30分でエンディングまでの演出解ったから席蹴った。)

 芝居って、当たり前の日常を当たり前にしない非現実空間を提供するものだと僕は考えるから「慣習的」「(演劇界の)常識、馴れ合い」なんて中指立てないと。それが演劇だと思うんですけどね。先輩方は政治家と同じレベルの「腐敗したしがみついてるだけの老害」としか認識してないから。

閑話休題

 「二千円あったら、何できる?何買える?」と貨幣価値で考えるのが資本主義、貨幣経済の鉄則なので、演劇にはなじまない、とは解るけど、せめて決算収支だしたらどうか、と思います。その点での「株主総会もどき」は面白いから是非参加したいですね。やってください。お願いします。

過去に、某劇場が値上げする時も「数字的根拠だせ。世の中うんぬんより」とメールしたけど答えかえってこなかった事あるから、透明性を確保して欲しいですね。てか、単純に面白いじゃない。その考え。

アンサーより抜粋
「演劇を出来る環境を当たり前だと思って、それを維持する努力をしないものには作品を作る資格は無い」と思ってる。」

 おっしゃる通りだと思います。というか、小劇団の座長は「劇団員の団費」があるから芝居できるのに、なんで偉そうなのかな。お前らただの「ヒモ」だろーが。劇団員食わせるだけの財力あってから偉そうに講釈たれろよ、と思う方ばかりだから困ったものです。

 反論してくれたのは、高間氏だけかー。アクセス500いったから、関係者観てると思うんだけど。

あえて無視してるならいいんだけどね。
JUGEMテーマ:演劇・舞台
author:きんぴら, category:表現者達, 00:13
comments(2), trackbacks(0), pookmark
僕がやるなら
JUGEMテーマ:演劇・舞台


ダンスをお客さまに見せるなら、ここまでに仕上げたいな。

決して、上手ではないし、基本のバレエ的なものがない動きだから、筋力あればなんとかなる。

「観客に喜んでもらう、楽しんでもらう」のだよ?ここまでやって当たり前だと思うけどね

須藤元気はマジメだから、めっちゃ練習してるんやろな。てか、マルチすぎ、この才能。
author:きんぴら, category:表現者達, 01:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
世間は狭いです。。。
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
本日は「昭和カフェサロン・彩珈楼」にて「音曜日」でございました。

【HOME SWEET HOME】

佳葉(ろーどく) by 工房 おきてみるゆめ


でお送りされました。

で、お客様に見た事ある顔が・・・・

思い切ってお声をかけたら、以前見た芝居ででてはった役者さんでした・・・

知ってる名前言うと、まぁ、出るわ出るわ・・・

世間は狭いですね〜
閑話休題 今日、とあるお店で昼食してたときに流れていた有線が「大江千里」でした。 なつかし〜
author:きんぴら, category:表現者達, 22:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
気に入らなければ観にいかねばよいという問題ではない
 
JUGEMテーマ:演劇・舞台


某劇団の公演について、コメントしました

「1 ■開演時間について

二日、楽日が午後6時からなのは間違いないですか?初日は午後7時30分で間違いないですよね?

お盆休みには少し早いですし、節電対策サマータイムが全国的にはされてないのに、平日でこの開演時間は社会人には

無理

じゃないかと。使用劇場は交通の便良いとは言い難いですし。

マーケティングな考え方ですが、学生さん対象なんでしょうか?それなら学生だけに見せるような宣伝広告をすべきでしょう。

誰に見て貰いたいのか、ちょっと解りませんね。

代表の意気込み感じられる作品のようですから両方見たいのですが、この時間設定は疑問を感じます。」


・・・まぁ、言いたい事は全部書いたかな。


劇団さんのこだわりを通してのなら、いいんですけどね。だからといって、現時点で仕事早上がりしてまで見たい劇団さんではないので。


これが、観客への配慮がなく、自分達の都合だけで設定したなら、問題大有り。まぁ、もうチラシもチケット印刷も手配してるでしょうから止めようがないでしょうけど。



で、同じ劇場で、同じような日程でやってるところ調べたら、やっぱり「午後7時半開演」で通してる。


・・・やっぱりおかしいと思うよ。

author:きんぴら, category:表現者達, 19:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
気に入らなければ観にいかねばよいという問題ではない
 
JUGEMテーマ:演劇・舞台


某劇団の公演について、コメントしました

「1 ■開演時間について

二日、楽日が午後6時からなのは間違いないですか?初日は午後7時30分で間違いないですよね?

お盆休みには少し早いですし、節電対策サマータイムが全国的にはされてないのに、平日でこの開演時間は社会人には

無理

じゃないかと。使用劇場は交通の便良いとは言い難いですし。

マーケティングな考え方ですが、学生さん対象なんでしょうか?それなら学生だけに見せるような宣伝広告をすべきでしょう。

誰に見て貰いたいのか、ちょっと解りませんね。

代表の意気込み感じられる作品のようですから両方見たいのですが、この時間設定は疑問を感じます。」


・・・まぁ、言いたい事は全部書いたかな。


劇団さんのこだわりを通してのなら、いいんですけどね。だからといって、現時点で仕事早上がりしてまで見たい劇団さんではないので。


これが、観客への配慮がなく、自分達の都合だけで設定したなら、問題大有り。まぁ、もうチラシもチケット印刷も手配してるでしょうから止めようがないでしょうけど。



で、同じ劇場で、同じような日程でやってるところ調べたら、やっぱり「午後7時半開演」で通してる。


・・・やっぱりおかしいと思うよ。

author:きんぴら, category:表現者達, 19:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
震災チャリティー芝居をする人達に提言します
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
 たまたまですが、演劇祭形式で、震災チャリティーをしているらしい。あ、大阪でね。

 それに出演する劇団やら、役者の稽古場ブログを見ていて思いついた事を、ここに記そうと思います。

 まず、これって、すごくチャンスだと思います。悪く聞こえるかも知れませんが、チャリティーを通じて、今まで「演劇に興味なかった人達」を演劇に目を向けてもらう事ができるじゃないですか。なら、これを大いに「宣伝」として使うべきだし、使って欲しいと思います。

 だから、いっその事、

稽古を路上パフォーマンスとしてやってみてはどうだろう

 某駅前は今人通りでごった返していて、よくバンドが路上ライブしてますが、そこに踏み込んでみてはどうでしょうか。

 苦言を(いつも苦言だけど)言えば、今のままでは、今まで演劇に関わった人間しか集まらないのは確実でしょう。あるいは「仲間内」「演劇コミュニティー」の人しか集まらないに違いありません。それなら、わざわざ芝居するより、その仲間で義捐金つのったり、飲み食いして経済回した方が遥かにチャリティーになります。

 この国難において、何かしたい、なら演劇で何か出来ないか、と思う気持ちはとてもすばらしいと、同感です。なら、それを広く「今まで興味ない人にも、チャリティーの気持ちと一緒に、過ごしてもらう」という事が大事です。ならば、路上で稽古を見せればいいのではないでしょうか。ついでに、募金箱設置して、そこにもお心付け頂ければ完璧ではないかと。

 チラシ、フライヤー配っても、いつもあまります。必ずあまるものです。だから、観劇当日に挟み込みチラシで、公演しているチラシが挟まれるのです。配る所が少ないのもあります。なら、道行く人にとってもらうようにしたらいいじゃないですか。

 路上パフォーマンスを、音楽の人だけにやらせるのもおかしいじゃない

 ブログや、ツイッターで宣伝。

でも、それ、仲間内しか見れないのでは、意味がないじゃないですか。ここは

攻めるべき

じゃないでしょうか。

 この時期だと、気候も良いです。

「秘密にしたい」という気持ちがあるかも知れませんが、「常住戦場」が芝居じゃないですか?「人生、生きてるそのものが芝居の稽古」ではありませんか?なら見てもらいましょうよ。フライヤー配るより、遥かに宣伝効果高いじゃないですか。

肝心なオチは見せないように、稽古したらいいじゃないですか。もっと外にでましょうよ。そして、一人でも、二人でも、少しでも興味もってもらえたらいいじゃないですか。

是非、やって欲しいです。


author:きんぴら, category:表現者達, 01:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ネタ悩み・・・という訳ではないですが
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

 来月の一人芝居フェスティバルでやるネタで少し悩み中。12月の頭に台本も提出しないといけないんですけどね。締め切り一週間切ったんですけどね。予約もまだ全然取れてないんですけどね。

あ、バイトのシフト申請しとかないと。それを急いでしないと〜〜〜〜〜〜

ネタ?あー、その前にどっかで一人芝居する予定だから、そっちもネタ考えないとね〜。

んー、どうしましょうかね〜
author:きんぴら, category:表現者達, 23:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark