RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
【追悼】牧野エミさん
 
JUGEMテーマ:政治

 牧野エミさん(以下「エミさん」)のお通夜に行ってきました。車で30分。車内では始めてエミさんを観た時の事を思い出してました。

「MOTHER」という劇団がありました。2003年に解散しちゃいましたが。関西を代表する小劇場の劇団。エミさんはそこの看板女優として、関西小劇場なら知らない人はいない、という方でしたね。

 

ただ、僕が観ていた当時はお仕事の関係で、劇団にはチョイ役みたいな感じでしか出演されてなかったんだけど、今考えればその当時30後半〜アラフォーだったのに、とても「華を感じられる芝居」をされてたのを思い出します。(時がたってるから美化してるかもだけど)

 

「MOTHER」は本当に好きで、ファンクラブに入ろうかと思ってて、決心着いた時には解散という寒いパターンだったんですが(笑)「芝居って、小劇場っておもろいな〜」と鮮烈に印象付けられた劇団でした。

 

深夜の訪問で、ご親族の方と、「MOTHER」の看板役者だった升毅さんもいらっしゃいました。

 

お顔を間近で拝見させて頂きました。舞台よりもっと近い所で観れたのがこんな形になるとは・・・涙がでなかったけど、泣きそうになりました。

 

小劇場は世間が狭いから、有名な方でも知り合いの知り合い、というのは多くて、じつはエミさんとも共演できる機会はありましたが(僕はもちろんエキ ストラレベルですが)そのご縁はなく、まだまだ活躍できたと思うし、演劇力は必要とされてたと思うから、今回の訃報は「早すぎるでしょ」と強く思いまし た。

 

小劇場には、文句ばっかりだし、辞めてもおかしくない精神状態なのに、未だ片足突っ込んでるのは「演劇って、おもろい!」という感情が原点だからで、それが枯れてないからまだ関わってる訳です。

 

「芝居せんとアカンな〜」とお通夜帰りになんとなしに独り言をつぶやいてました。それがエミさんの供養になるとか、そういうのではないし、かといって義務化してるのではなくて「演劇はおもしろい。それを解ってくれる人がもっと増えればいい」と思ってるからで。

 

末妹が歌をやってて、まあ彼女のイベントに軽く関わった事もあるのですが「売れるかどうかはわからん。でも、末妹の歌ってる姿を見て、私も歌いた い、と思う人が一人でもいれば、100万枚歌が売れるより素晴らしい事。歌うことの素敵さを伝えれるようになってほしい」と伝えたことがあります。

 

「演劇の楽しさを知って欲しい」と強く僕は思うし、根源的な思想哲学なんですが「そこに自分の芝居は、という概念は一切ない」もっと広く、演劇界全体としてその思いが広がって欲しいと強く思ってます。

 

エミさんの訃報を聞いて、飛び出して、最後のお別れを言ったのですが、エミさんと袖触れ合う以下の縁でも、芝居を楽しくやってるし、楽しいと思うし、やっぱり続けてる人間がいる、それが伝わったらいいんですけど。

 

今年は、自分の芝居の原点となる事が二つあって、その両方から「うわ、俺、芝居しなアカンやん」と心が動きました(一つはイッセーさん、舞台活動無期限休止)

 

ただただ、続ける事、それも頻度は少ないけど、辞めないでいつ付ける事が僕のケジメであり、「ありがとう」を解って貰える事なんじゃないかな、と思います。

 

エミさん、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

author:きんぴら, category:表現者達, 05:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:08
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。