RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
対岸の火事、にしたら絶対アカンと思う〜
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
「週間大阪日日(にちにち)新聞」というのが、無料で隔週で来るんですが、その記事で「明暗分ける”お笑い”の殿堂〜京橋花月・天満天神繁昌亭」というタイトルでこの二つの劇場(?)の対比を述べてます。

 正直、京橋花月(以下花月)はまだ半年しかたってないから、3年近くなる天満天神繁昌亭(以下繁昌亭)と比べるのはどうかと思いますが「劇場への地域の思い入れが差に・・・」という事でまとめてあるのを読むと「これって、小劇場界もその通りやろ」と思うのです。

 今、年末にとある劇場で行われるイベントに参加する方向で調整進めています。そのイベントの目的というか、内容がこの劇場としても初めてのモノになるという事で、イベントに良かれと思っていろいろ意見を述べさせてもらってます。その内容に「地域との関わりをもつために、一時間に一度出演者の誰かが劇場周辺の清掃作業に従事させる」というのを盛り込ませてもらってます。

 演劇をする人は、小劇場に限らず、劇場に入ったら閉幕までは入りっぱなしなのが主です。そして芝居に関係ない事、自分にかかわりの無いことはまずしないのが当たり前です。ゆえに「閉塞なコミュニティー化」となってるのが常なのです。僕はこの「閉塞的」な事が果たして大事なのか、それを疑問に思ってました。清掃業のアイデアは最近始めたバイトの業務としてあるのですが、これを行うと近所の人とあいさつをしたり、あいさつされたりとちょっとした近所づきあいが始まるんですね。関わってる劇場の周辺も民家というか、住宅街があるのでこれを機会に地域との関わりをもつキッカケになったらいいのではないだろうかと思ったわけです。

 オーナー様は乗り気で賛同してくださり今後、この劇場を使用される劇団には強制ではなく、提案として申し入れるそうですが僕個人としてはルール化してでもやって欲しいと思ってます。なぜなら、今後、劇場に関わらず社会主義的な考えではありますが「共生」が必須になると思うのです。地域とね。

 大阪小劇場の殿堂であった「扇町ミュージアムスクエア」(以下OMS)の取り壊しが決定した時、動いたのは「演劇関係者だけ」でした。「精華小劇場」も2016年をメドに売却施設として見直されてます。今は読めなくなってますが、とある記事には「地域に役立ってない。商業施設の方が良かった」という記事が載ってました。

 精華小劇場に関しては、一部の演劇関係者が「文化事業として必要」と訴えてますが僕個人として「演劇関係者による、演劇関係者だけの施設」としか写らないものを市が納得するとは思えないのです。

 地域と一体となった文化イベントとして「新開地音楽祭」と「高槻ジャズフェスティバル」の二つを上げさせてもらいます。この二つは、ものの見事に地域ボランティアや有志が集まり「地域の顔」として関西にも広く知られてます(高槻ジャズフェスティバルなんて世界レベル)さて、各劇場が行う「演劇祭」は地域に還元する利益を提供できてるでしょうか?おそらく「否」でしょう。演劇界に距離を置いてるとはいえ、アンテナを張ってる僕でさえ地域の人に受け入れてもらえている、という声が全く聞こえません。そんな施設が残れるとは思えません。お題目に「観劇人口を増やすため」とありますが、地域の人が繁昌亭のように観に来るという流れがないのにおべんちゃらだけの事だと思います。

 もういい加減、演劇界は自分たちのやり方が今の時代、これからの時代にあってきてないというのを考えたらどうでしょうか。

 ミナミの事をもう一つお話しましょう。今後は落語の場を設けるようにする施設が増えるそうです。繁昌亭にあやかってですが。しかし、その場所提供は「地域の協力によって行われる」という事だそうです。期待もかなり大きいそうですよ。さて大阪小劇場。この流れについてどう思いますか?自分達がやってる事が「文化事業として、市民に必要な事をしてる」と言い切れますか?言い切れる人がいたらお目にかかりたいですね。

 これはなにも演劇界だけでなく、「表現をする人」みなさんに知ってもらいたい事でもあります。気軽に音楽でも、アートでもできる世の中になってそれは若者にいろいろな機会を与えれる良い環境だと思うのですが「独りよがりな考えが多すぎる」と僕は思ってます。(だからそんな考えをしてる人とは付き合わないようにしてますが)「おのれだけが良い」とするのではなく自分という人間も社会の一部という認識をもって、その身近な社会である地域というコミュニティに感謝の気持ちを持って何か還元するためにはどうすればいいか。それをもっと考えて欲しいと思います。

 あいもかわらず偉そうな事をほざいてますが、僕の知り合いにはこの手の表現者が多い。これを実践している方はともかく、この事を考えたこと事もない人は、少しでも考えていいんじゃないかと思います。

 年末のイベントで僕の理想の具現化の一歩となる「清掃業」その真意を理解してもらえる方が一人でもいればいいなと思ってます。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 01:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
いや、まぁ・・・いいんだけどさ
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
 僕が、芝居を批判して、それが元で連絡を途絶えてた劇団から公演案内が届きました。批判して後の芝居には届いてなかったし、年賀状もなかったのに・・・

 そんなに大変なの?と思ってしまいました。

まぁ、ある程度の内情が推察できるから、どうしても動員数という名の「経費だけでも取り返す」がしたいんだろうけどさ〜

 一度は嫌った相手に、頭下げるなんて、ちょっと違うんじゃないかな〜?

 彼らの考え方、演劇、演劇団体が「会社組織だよね」と批判したから連絡絶ったんだろ?それを今更公演案内のハガキを出すのは、ちょっと

プライドないんちゃうの?

と。それじゃあ、儲けるためなら、仕事のためなら頭をさげるサラリーマン、あなたたちが根本的に嫌う「会社人」と同じじゃねーの?

 と思ってしまう僕です。

ここでハガキ出すなら、今までもずっと出し続けておかないとさ〜。どうせ今回出しても、秋の公演には出さないのわかってるんだから。

 なんだろ、僕とは信念とか、誇りとかの置き所が違うのかな。そうだとしたら益々付き合えないよ。理解不能。

やっぱり縁を切っておいて良かったな〜。自分の精神衛生上よろしくないもんな。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 23:08
comments(3), trackbacks(0), pookmark
頑張らないと舞台が観れないのもイヤだな〜
JUGEMテーマ:演劇・舞台
   気づいたら、行きたかった舞台に行けてません。

ラーメンズは、まぁ、DVDで見れるから良いとして・・・

坂口さんの一人芝居は観にいきたかったな。評判良いみたいなので。そうそう、その坂口さんが出てたピースピットの「スミス」という作品。結構面白いです。小劇場にしてはかなり作りこんでます。

でも、DVD5000円・・・ちょっと手がでねーよ。ラーメンズのチケットが5000円。DVDになったらそれ3000円以下なのに。そんなに元手かかるなら、スポンサーつけろよ、頭わりーな、ホントに。

 今は時間があって、金がない・・・いや、都合はつけようと思えばつくんですよ。ヘソクリあるし、余剰貯蓄はちゃっかりしてるし。でも、それを使ってまで行きたい、とも思えないのが現状なんです。

 ああ、投げ銭で興行打ってくれる勇気と経済感覚ある芝居屋はおらんのかな・・・
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 01:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「性悪説」なので
 
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 結局のところ、これまでの僕の主張の根幹は「性悪説」なのですよ。その点を理解してもらわないと、とても不愉快に思われると思います。

 僕の言い分が身勝手とか、キツイとか思われるでしょうけど、それならこちらの言い分の根幹である「性悪説」を理解してから、堂々と論じていただきたいのです。

 友達だからよくしてもらえるだろう、褒めてくれるだろう、持ち上げてくれるだろう、なんて僕からしたら甘っちょろいし、ナンセンスだと思う訳です。

 僕自身は怠け者です。ゆえに、人間は性悪なモノ、と捉えてます。だからこそ、声高々に

「君たちは裸の王様なんだ」と叫ぶのです。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 01:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
片方だけが悪いなんて訳ないvol2
 JUGEMテーマ:芸能

 過去の記事「片方だけが悪いなんて訳ない」から、長いコメントいただいたので、こちらに転載します。

投稿者:八方ネコさん

藤原紀香(以下ノリカ)陣内(以下ジンナイ)とします。

ノリカは芸能界では一流です。
ジンナイは二流です。
このことを抑えずには今回のゴシップ記事の論点がみえてこないこ
とになります。

二人は普通といわれる、世間の男と女の関係というカテゴリーには当てはまりません。

ノリカは性別は女ですが、ポジションは「エリート男」の位置です。

ジンナイは性別は男ですが、ポジションは二流の男に所属するのです。
これは、一流政治家の妻の立場です。

だから例えば、政治家や著名人の男が浮気しても妻は我慢し、話題にものぼらないでしょう。しかしながら、ノリカは妻立場ではないのですから、当然妻的立場のジンナイを許すことができないし、世間もジンナイを非難します。妻的立場のお笑い芸人なんですから。

ジンナイは自分が妻的立場に辛くなって、浮気という行為に走ったと思われます。
ただ、ジンナイ自身が世間の妻的立場を理解しているからは、わかりませんが。

私はお笑い芸人をバカにしている訳ではありませんが、
世間は二流としかみないでしょうね。

友近の芸ましな時もあり、私も参考にしたいと思ったりしますが・・・。
彼女のポジションは3流お笑い芸人、女なんですから男の上にいけないですよ。
ジンナイより芸は上ですが!

もともと、ノリカとジンナイには深くて長い河があるのですから、生きていく、目指すものが自ずと違うことにお互いが気づかなかっただけで、
ノリカはジンナイの浮気で全てが見えた訳ですよ。

ノリカも恋愛感情があった時は、普通の女になりたかったのでしょうが、
所詮「エリート男」なのですから、自尊心が許さなかったのです。

二人が別れることは自明明白な事柄だったと言う訳です。
恋愛という感情は理性が働かないからこそ、成り立つ感情ではないのでしょうか?

私は恋愛感情より友情関係を大事にしていきたいと思っております
男と女にも必ず、友情は成立するものだと思いたいのですが、いかがでしょう?!

稚拙な意見かもしれませんが、女の立場から言わせてもらいました。



・・・このレスはコメント欄でさせてもらいます。


author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 00:16
comments(3), trackbacks(0), pookmark
おお、何がどうなったんだ?精華演劇祭
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

 ふと、演劇関係者のブログを拾い読みしてたら、どうも「精華演劇祭」がとてもアカンかったらしい・・・

ググってみると、出るわ出るわ・・・

ここまでボロクソに関西小演劇の芝居で言われたの初めてじゃないか?

 脚本家さん達は結構有名所揃ってたし、観たいと思った劇団もあったんですけどね〜

中には

「面白くない芝居する劇団なんて潰れてしまえばいいんだ」とハッキリ書いてるブログもありました。

 ちなみ、その対象とされた劇団やら関係者のブログにはそんな話については一切書かれてませんが、これだけ大々的にググればわかるくらいに批判されたのは関西小演劇界でも初めてではないか?

 ただ、僕はこれは、良い傾向だと思います。これを機に目覚めればいいんだ。演劇が、本当に文化的に市民に必要とされてるのか。現状の演劇関係者だけによるもののまま歩んでいけばいいのか。

 政治の世界でも、あるいはプロスポーツでも、地域密着をうたい文句にしてます。これからは演劇界、特に大阪演劇界はそれをするためにどうしたらいいのか、それを死に物狂いで考察して構築していかねばならないところにきてるんだ。

目覚めよ!大阪小演劇界!




author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 01:09
comments(2), trackbacks(0), pookmark
劇場利用費って、どうしてその値段なのか、不思議に思いませんか?
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
 劇場を使わせてもらう時、劇場側から提示される「劇場使用費」

大抵の演劇人は、それを鵜呑みにしてませんか?僕はふと思ったのですが、提示される劇場費って、詳しい中身は知らされてませんよね?つまり「数字による根拠が提示されてない」のではないでしょうか。これだけの諸経費(光熱費等)、劇場が入ってるビルの家賃などなど・・・それらを含めて提示されて、これだけ掛かりますよ、という風に提示された事はないと思います。

 最近、とある劇場が価格改定をする事になったと発表されたので、ふとこの疑問が浮かび、この数字的根拠を提示、情報開示していただけないか、とメールをさっきしました。

 大半の劇場が慈善事業でされてる訳ではない以上、必ず企業論理として「利益を出す」は最低でもしているはずです。それを知りたいのです。

 これは決して悪意をもって知りたいのではなく、情報開示の一つとして、劇場を利用する側としては知っておかなくてはならない事なんではないかと思ったのです。

 まぁ、そこまで考えると、金銭売買するモノ事全てに怖くなったりしますが、どうも演劇には「経済観念がすっぽり抜け落ちてる」気がするのです。多分、いや絶対。その点をちょっと突いてみようかなと。

 価格改定はやむをえなくても、これによりチケット料金がなぜ発生するのかが、観客にも理解してもらえるだろうし、ひいては数字の根拠を提示する事によって、観劇する時の新しい目安になる、と思うのは僕だけでしょうか。

 最近の経済不況の流れから、押さえれる所は押さえたいのは、企業も劇団も、芝居にお金を払って観に来ていただけるお客さまも一緒だと思います。もし、その中で少しでも押さえれるなら、価格を抑えるべきでしょうし、それこそ集客につながるのではないでしょうか。

 というより、個人的に値段と内容あってない芝居が多すぎるんです。ハッキリいって。断じて。

劇場の大きさや、知名度でなく、値段とコストパフォーマンスで劇場を選ぶ、という選択もあっていいんじゃないだろうか。僕はそういう流れを、この度提示したいと思います。

 このメールで返事きたら、全劇場に送ってみようかな
 
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 02:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
おいおい、こんなこと言われちゃってるよ、関西劇場界
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
 関西で小劇場中心にプロデュースしている方(名前は伏せますが、まぁ、関わってたら絶対知ってる人)のブログを読んでたら、去年観た芝居のベスト10みたいなの上げてたのですよ。中身は、商演劇や東京系ばかりでした。でコメントをド忘れしたんだけど、このような内容のコメントがありました。

「やっぱり商演劇や東京系が多いのは、質が安定してるから」


 てな感じ。

・・・えーと、関西の方にこう言われてさ、何か感じて欲しいよ。

え?!舐められてる?関西演劇界!??とまでいかなくても。僕は悔しかったです。だって同じ関西盛り上げて行こうと活動されてる方が、暗に関西演劇批判してるみたいなコメントしてるなんてね・・・

 このコメントの裏読みしてるのは僕だけだろうけど、ちょっと憤りを感じました。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 21:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
小劇場レベルでブランクなんて存在しない
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
 いやはや、エイプリルフールの記事ですが、嘘でなく、ほんま仕事ありません。とうとう会社から自宅待機のお達しがでました。じゃあ、昼間他所のバイトしてよいかと、先ほど面接してすらっと決まりました。

 そのおり面接していた時「色々厳しいせいか、すぐ辞められる方が多くて・・・」と苦笑いをされてました。いや、これでも社会人10数年やってますから。バイトごときのゴタゴタなんて大丈夫です。てか、

気に入らなければすぐ辞める根性ないモノと一緒にしないでください


 といいたいのをぐっとガマンしました。こっちは生活かかってるから当然ですがね。やっぱり、辞めれる人間は責任と義務を持ってないから少しでも気に入らないことがあると辞めちゃうんです。子供なんです。そんなのと一緒にされるのはこちらも苦笑いです。

 仕事を無理に好きになる事はないけど、それくらいのガマンを受け入れる「器」がない人間のやることなんてたかが知れてる、と僕は思います。何でもそうですが、目の前の事をやり遂げれる人間だけが評価されるのであって、出来もしないのに、自分の所為にしないで逃げ回る人間なんて、何をやってもどうにもならないものです。そこに閉じこもるのならいいんだけど、それを指摘して逆ギレするのは止めましょうね、小劇場のみなさん。面白くないものおもろない言うて何が悪い。

 さて、本題。これだけ生活に追われると、当然僕は芝居できないわけで。もうかれこれ半年になりますかね〜。間あくと、よく使う言葉があります。

ブランク

 少し前、昔共演した方と久しぶりに会う機会がありました。その方と会うのも共演してから一年は立ってたかな。また芝居しないんですか?といったら「ブランクあるからな〜」と言ってました。

「小劇場レベルであんた見たさに客がこない演技力しかないのに、ブランクもへったくれもないやん」と言いたいのをぐっとガマンしました。大人になったものです。でも、今なら言っちゃうかもね。

 芝居をするには、色々な要素が必要で、「声量」や「相手との間合い」とか。でもそれを気にするのは「プロ」くらいなもので、小劇場レベルで、しかも主役に引っ張りだこされる訳でもない輩がさも偉そうにそんなセリフをはくんですからね。今の小劇場の器が思い知らされます。今思い出しても笑ってしまいますが。
  
 僕はどうやねん、と言われると、当然、ブランクなんてない、と立場上は言わないといけないんでしょうが、実際、ブランク等は存在しない芝居してるので心配はしてません。

 これだけ演じないのは、その場を設定できないのもありますが、自分の中である一定のレベルを突き抜けた感じがあるから、ガツガツ演じる必要ないな〜と自分で納得と自信があるからです。そもそも、投げ銭してもらっても、なんとか千円もらえるか、というレベルなんですからブランクなんて高級なお言葉使えません。そんな言葉を吐けるのは、芝居で喰っている人間だけだと思います。というか、そういう人間だけだ。小劇場はアマチュアだ。趣味だ。図に乗るのもいい加減にしなさい、と。

 これからの景気の悪化は、どんだけ小劇場に降りかかるのでしょうか。大半の人間は、親に寄生して、バイトして芝居して、という流れになって、つぎ込んでもリターンがなくて、一生懸命やっても世の中から「ごくつぶし程度」としか見てもらえなくて、同業の僕みたいなのに「つまんない芝居で金とるなんて強盗カツアゲか」と言われるんだから、大変だ。ただでさえ、大阪は「無駄なもんはいらんわ!」とタレント知事の号令のもとゾクゾクと削られてるのに。芝居には「助成金」が出るんですが、あれも無くなるんじゃない?というかまだあるんでしょうか。そうまでして芝居したがる気持ちがよくわからないです。

苦行ですか?

と問いたいくらいです。一流がなぜ一流か、その本質を理解しないまま、芝居してるから目も当てられない惨状になってるに違いなく、仲良しグループだけ、というのではなく、次の10年に向けて、文化の歴史に刻むべく小劇場はどうあればいいのか、をもっと考えないと行けない時期にきてるんだ。

 先日、とある放送で「なくさんといて、大阪の劇場」というフレーズが見えました。内容はどうだったかは知りませんが、このままだと、本当に大阪から劇場が、立派な劇場がなくなってしまう、と僕は多いに危惧しています。

 ブランクとか、高尚な言葉を使って自分を飾るのではなく、足元を見て、自分だけでない周りを見ましょう。演じてるのが、舞台に立つのが幸せ、と思ってるなら、その幸せを関係者、とりわけお客さんに、見も知らないお客さんに分け与えるようにしていくように。それがもっとも正しく、大阪小劇場、小演劇の生き残る道だと僕は断言します。

 そのために、僕は苦言を吐く。隅々まであなた達の努力を観てあげてるよ、という証拠に。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 20:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
片方だけが悪いなんて訳ない
JUGEMテーマ:芸能

  陣内智則さんと藤原紀香さんの離婚が決定したそうです。

いろいろニュースが飛び回ってますが、「陣内さんの度重なる浮気が原因」という流れみたいで。

 でも、「片方だけが悪い」という論調にはちょっと待てと。夫婦間の事、二人の事だから根本的な事はわからないですし、そういう縁だったというのもある。でも、陣内氏だけが悪いのか、と僕は疑問を感じるのです。

 少なくとも、彼は仕事はしてました。決して嫁さんの寄生虫をしていた訳ではありません。一部にDVがあったとかの報道もありますが、だからといって、陣内氏「だけが悪い」という事にはならないでしょう。

 中村獅童さんと竹内結子さんの時もそうでした。まるで中村さんが一方的に悪いという論調。今では逆手にとって、竹内さんは仕事も、できる現代の女性という風に。

 どうも、世間というのは「今こそ、女性の時代である!」という流れを盛んに押し広げるために「男はダメな人間なんです」という事を「正論化しようとしている」風に思えてならないのです。

 ここで、陣内さんの浮気が原因としても、紀香さんも常に彼の要求を満たしていたか。彼女と彼は大阪、東京と遠距離の夫婦生活をしていた。仕事のためにそ れは仕方ないとわかっていたはずである。彼が浮気しないように、彼のために仕事をやめて、彼だけの女になる気持ちがあったのだろうか。なかったのでは。結 局、彼一筋になれず、仕事もして、夫婦仲も円満で、というアピールに奔走して、彼の気持ちに沿うという事をしなかったから、陣内さんも浮気に走り、それを 止めれなかった紀香さん。彼女にも罪はあったんじゃないか、と僕は思えてならないのです。

 竹内結子さんにしても、同じ事を感じます。彼女の場合は僕はもっとひどいなと思ってます。だって出来ちゃったじゃん。子供生む覚悟あったんじゃん。なの に掌返して元夫が一方的に悪いとする論調するのは、人としての器量に疑いをもたざるえない。結局、自分だけの夫、とコントロール出来なかった事にも原因は あったはずなのです。

 紀香さんは、美貌に気を使い、ボランティアにも積極的な方。今も赤十字広報特使としてケニアに行ってるそうです。

 これを踏まえて、美徳があるとは僕は思えない。彼女は自分を磨くことに必死だ。それは苦行僧と同じかも知れない。そういう「自分磨きに必死な人ほど、自分を褒め称えられないと気がすまないという性格がある」という事が、この離婚の原因ではないだろうか。

 自分はこれだけ素晴らしいのに、彼は・・・という心理、相手に見返りを求める愛情だけを求めていたのではないだろうか、と僕は思えて仕方がない。

何事も、方一方だけが悪いという事はない。交通事故の保険でもそれはない。浮気されたなら、浮気される側にも非はあるのだ。(ただ、それは理不尽な理屈であることもある。相手が浮気性なのを知ってたくせにとか)

 結婚しても、彼女は仕事をとってたじゃない。たくさん働いてたじゃない。常に彼を「監視する」ためにという行動をとってた訳ではないでしょう。

仕事もセーブして、彼にかいがいしくつくしていた、という事実ならまだ分かるが・・・彼女も、旦那より仕事を取ってた、と断言できると思う。

世の女性はよく「仕事をとるか、アタシをとるか」と求める事が多いが、いざ自分がその立場になると「男がそんなこというんなんて」と掌返すような事が最近 見受けられる。どうも、女性は今の自分立ちの権利、主義主張を「女性だけで勝ち取った」と勘違いしてるのではないか。少なくとも、女性の主義主張は受け入 れてもらえなかった時代に、彼女達の権利主義を認めようと働いたのは男性の協力もあっての事なのに。今、ある程度の事ができるようになると、権利主義を主 張して、世の男が悪い、という風にしがち。男は苦労してない、と思ってるのではないか。

 僕は、この離婚を決して片方だけの原因とは思えない。バツがついて、逃げられた身なので、男側に組してしまうのですけど、絶対に藤原紀香さんにも原因がある。

これを踏まえて「男なんて、最低だ」とする論調は、僕は絶対認めない。必ず何かあるなら、その原因は一つだけではないのだから。

ただ、残念ながら、理不尽な理屈でも、その原因の一角となるのだから、どうしようもないこともあるんだけど。

男が悪い、というなら、そういう自分は完璧なのかどうか、今一度考えるべきだ。

でもさ、こういう記事書くのは同じ「男性」でしょ?自分の心痛まないのかね・・・まぁ、仕事と割り切ってるのか、自分は違うと、勘違いしてるのかどちらかだと思うけど。
author:きんぴら, category:間違ってるだろ?!, 02:54
comments(2), trackbacks(0), pookmark